【朗報】株式会社大創産業(ダイソー)⇒「韓国の独島愛運動団体と協約締結報道について」

1: 依頼φ◆FdDsU0B5ivx5 2014/04/16(水)20:26:39 ID:2JzKGNpqg
韓国のダイソー合弁会社が、日本の竹島を韓国領と主張する韓国の団体を支援する協約を結んだと、韓国メディアが報じた。日本のネットでは批判が出ているが、出資したダイソー側は、「私どもは、支援とは関係ない」と説明している。

100円ショップ「ダイソー」を展開する大創産業(広島市)は、韓国へは2001年に進出を果たした。

■「日本の経営陣は、誰も止めなかったのか?」

韓国の中堅流通会社「アソン産業」と合弁会社「ダイソーアソン産業」をこの年に作り、韓国でもダイソーのブランド名で店舗展開をスタートさせた。韓国メディアによると、韓国ダイソーは、10年12月に600店を達成し、15年までに1000店を目指している。

そんな中で、韓国ダイソーは14年4月15日、独島(竹島の韓国名)を韓国領と主張する「独島愛運動本部」を支援することを表明したと、韓国の大手通信社「聯合ニュース」が報じた。

記事によると、この団体と「独島愛企業協約」をソウルの国会議員会館内で結んでおり、韓国ダイソーは今後、資金面などで様々な支援活動を行うことを予定している。団体が行う主要行事に社員が参加して、物品を支援する案についても協議しているという。

この報道は、日本語翻訳されて、2ちゃんねるなどで紹介され、ダイソーへの反発の声が相次いでいる。

「竹島の不法占拠資金になるぞ」「日本の経営陣は何考えてんだよ…誰も止めなかったのか?」
一方で、あくまでも合弁会社がしたことだとして、「日本のダイソーじゃないじゃん」と冷静に見る向きもあった。

〈以下略〉

全文はソースで
http://www.j-cast.com/s/2014/04/16202388.html


※株式会社大創産業声明
http://www.daiso-sangyo.co.jp/img_sys/news/news20140416.pdf

【韓国旅客船沈没】救助された女子高生にJTBCアンカーが「友達が沈んだけど、どんな気持ち?ねぇどう?」と質問攻めした結果www

1: ラダームーンサルト(中国地方)@\(^o^)/ 2014/04/16(水) 16:48:48.85 ID:+7hJJFRa0.net BE:596575416-PLT(13122) ポイント特典
JTBCアンカー、生存の女生徒に「友人死亡のニュース聞いたか」の質問論争

総合編成チャンネルJTBCのアンカーが16日午前、全羅南道(チョンラナムド)珍島郡(チンドグン)沖で沈没したフェリーSEWOL号で生存した女生徒にインタビューし、友人死亡を伝えて論争を招いた。

このアンカーはこの日午後のニュース速報でSEWOL号沈没のニュースを伝える途中、救助された安山市(アンサンシ)の檀園(タンウォン)高校の女生徒にインタビューをした。アンカーは、「生徒は何人か?」、「他の生徒との連絡は可能か?」「どうやって出てきた?」、「衝突音を聞いたか?」などを尋ね、続けて「友人が死亡したことを知っているか?」という質問までした。

この生徒は震える声で「聞いていない。いいえ。聞いていない…」と言って泣き崩れた。すぐにこのアンカーとJTBCの無理なインタ ビューに非難が殺到した。

no title


災害安全対策本部は現在164人を救助した。 290人余りが行方不明である。
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=181961
http://contents.innolife.net/mobile/img/item/181961_l.jpg


お前の国には売らないよ!日本政府が武器輸出制限を緩和「いったい誰が買うというのか(笑)」⇒インド「買いますけど?」

1: ぐんぐりる◆AERxlJuw42 2014/04/14(月)19:06:19 ID:4fAqlcs6E
中国メディア・銭江晩報は10日、日本政府が武器輸出3原則を見直したことについて
「いったい誰が日本の軍備を買えるというのか」とする評論記事を掲載した。

日本政府が4月1日に決定した新たな武器輸出3原則は、事実上
「日本の内閣が売りたい相手に売ることができる」ものであるとした。そして、
武器輸出の門戸開放は東南アジアの武装化や中国への対抗を可能にするという世論の声に対して
「そんな当たり前のようにはいかない」と論じた。

その理由として、軍事上の「保護国」である米国からの制約を受け、思うように武器の研究開発を
進めることができない点、価格が極めて高いために潜在的な顧客の購買意欲が削がれる点を挙げた。

そして、諸事情により日本が売りたくても売れない、日本から買いたくても買えない、
「相思相愛」なのに高価すぎて買えない国が多々存在すると指摘。また、米英やオーストラリアなども
すでに先進装備を持っているか、日本以外の経験豊富な市場からの購入を優先するとした。


一方、インドへの日本製の救難飛行艇US-2の輸出は、欧米が同等の製品を持っていないこと、
インドに支払い能力があることから「近いうちに成功しそうだ」と予測。しかし、軍備購入における
インドの特徴は「話をコロコロ変えること」であり、今後どうなるかはわからないとも論じた。


また、ODA形式による武器支援をフィリピンなどに適用する可能性にも言及。
殺傷性のある武器への適用は政治、外交戦略を考慮したうえでの特殊手段であり、
常套手段としては使えないと指摘した。

top_flash_img

ソース:新華経済
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/379281/


米軍司令官の尖閣奪還発言で中国が米国に警告!「日本を縄から解き放つと、再び真珠湾を攻撃するかも」

1: のヴぁ◆mRvlk.cFo6 2014/04/15(火)18:42:17 ID:MMBbSYwRA
中国共産党機関紙の人民日報(海外版)は15日付第6面で「日本を“縄から解き放って”、米国は安心していられるのか?」と題する論説を掲載した。軍事面などで日本を野放しにすれば、1941年と同様に、日本が再び真珠湾を攻撃するかもしれないと主張した。

オバマ米大統領は4月23日から25日にかけて日本を訪問する。記事は、「オバマ訪日前の安倍の策略は、日本国内で憲法改正、集団自衛権を肯定する世論を作ることだ」との考えを示した。

【中略】

「日本は1941年12月7日に真珠湾を攻撃し、3000人以上の米国軍人を死亡させた。これはほぼ、2001年にアルカイーダが米国本土を攻撃した試験上演だった」と主張。その後の太平洋戦争について、日本に対する「一連の血みどろの戦いを発動した」、「タラワ島上陸では海軍陸戦隊に5000人の損害が出た」、「1945年6月の沖縄戦役では、陸軍に7374人の損害が出た……」などと論じた。

論説は「もしも、日本を“縄から解き放った”ならば、歴史が再現されるかもしれない。「日本は歴史を再演するかもしれない。米国最精鋭の海軍力は太平洋にあり、最も重要な基地は真珠湾だ。1941年に突然、真珠湾を襲撃した時と同じように」と主張。

さらに、在沖縄米軍のトップのウィスラー第3海兵遠征軍司令官が11日、尖閣諸島を占拠されても「奪還するようにとの命令があれば、実行できる」、「脅威を除去するために、兵士を上陸させる必要すらないかもしれない」と語ったことについて、「皮肉なことだ。日本の挙動について在沖縄米軍の最高司令官が支持し、日本が島を奪うことを助けると誓った」と論じた。

junetsu1

以上記事抜粋
全文はソースにて
http://news.searchina.net/id/1529917


【悲報】旅客船沈没、韓国政府「368人救出発表」⇒韓国政府「集計過程にエラーを確認し、救助人員を再確認」⇒数百人不明で歓喜から絶望へ

1: 動物園◆XpV8FL50tY 2014/04/16(水)15:36:43 ID:iB17ikvTp
<旅客船沈沒> 290人余り生死不明…大型惨事憂慮
記事入力 2014-04-16 15:01

16日午前に全南珍島海上で発生した旅客船沈沒事故に関して午後2時現在、数百人が失踪または生死が確認されていない 状態であることと知られて大型海上惨事の憂慮が出ている。

政府は午後2時基準で368人が救われたと明らかにしたが集計過程にエラーを確認し、救助人員を再確認している。

中略

生死を確認することができなかった搭乗客たちは
▲ 民間漁船などによって救われて移動中なので救助者統計に含まれていない場合
▲ 船体沈沒後、海上でずっと救助を待つ場合
▲ 沈んだ船体内にそのまま残っている場合などを仮定して見られる。

以下略
a2d7b5e5-s

http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=102&cid=984650&iid=983519&oid=001&aid=0006865698&ptype=011


おーぷん2ちゃんねる
Twitter&RSS
Sponsored Links
Amazon
最新コメント
TOP絵紹介
TOP絵を書いて頂いた方をご紹介

作者.エミさん


作者.綿毛さん
ブログ:私はゲームを続けるよ


作者.kaibu222
ブログ:カゼタカ2ブログch


素敵なTOP絵ありがとうございます
Sponsored Links
最新記事
逆アクセスランキング