【速報】「琉球国独立、米軍撤退、中韓駐留」を訴える知事候補ピンチ!⇒竹田恒泰氏「内乱罪か内乱陰謀罪が適用できる」と指摘

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 22:29:41.72 ID:???.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000034-xinhua-cn

明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏がこのほど、沖縄県知事選に出馬を表明した琉球自立独立実行委員会の大城浩詩・実行委員長の「沖縄独立」を掲げた訴えに対して、ツイッター上で警戒を示した。日本のニュースサイトの報道として、中国・環球網が10日伝えた。

報道によると、大城氏は最近、11月に行われる沖縄県知事選に無所属で出馬を表明。「1年以内に琉球国を独立させる」ことを基本政策に掲げ、安全保障政策では米軍を撤退させ、その代わりに韓国や中国など東アジア共同体の軍隊を置くと訴えている。

こうした訴えに対して竹田氏はツイッター上で、「内乱罪か内乱陰謀罪が適用できる」と指摘。また、
「国からの独立自体が暴動となり、それが現実味を持てば自衛隊が投入されるだろう」とも論じた。

以下略、全文はソースへ
(編集翻訳 恩田有紀)

takedakakei


【五輪】日本、五輪で韓国に貸しを作る?舛添知事「見通し甘すぎた、文句は招致した人に言え」⇒舛添知事、韓国新大使に五輪協力を求める

1: ひろし ★@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 23:46:17.78 ID:???.net
東京都の舛添知事は、近く韓国の駐日大使に就任するユ・フンス氏と9日、
東京都庁で会談し、6年後のオリンピックとパラリンピックの開催に向け協力を求めました。

舛添知事は9日夕方、東京都庁で、知日派で知られ、近く韓国の駐日大使に就任するユ・フンス氏と会談しました。

この中でユ氏は、舛添知事がことし7月に韓国を訪問してパク・クネ大統領と会談したことなどを評価したうえで、今月19日から韓国のインチョンで開かれるアジア大会を知事が視察することについて、「今後も知事の都市外交がうまく進むことを願っています」と述べました。

これに対して、舛添知事は「2020年の東京オリンピックを成功させるためにアジア大会の経験を学びたいと思うので、サポートをお願いします」と協力を要請し、ユ氏も「分かりました」と述べ、都に協力する考えを示しました。

舛添知事は今月19日から3日間、アジア大会の開会式や競技施設などを視察する予定です。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140909/k10014476151000.html

▽参考記事
五輪整備4千億円超…舛添知事「見通し甘すぎ」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20140909-OYT1T50064.html

(抜粋)
――競技団体から「話が違う」との声が出ている。  
「招致段階の見通しは甘すぎた。東日本大震災の復興事業で、資材費や人件費も高騰した。話が違うのは当たり前で、招致した人に文句を言ってもらうしかない。競技施設は税金で建設するので、私は憎まれ役であっても都民の立場で見直しを考えている」


20140725-03


【日米同盟】日本政府は「敵基地への攻撃、法理的に自衛の範囲内」公式見解!日本側が突破を測った結果⇒お前らでも論破できそうな米国の懸念パフォーマンス

1: ◆R4h0Z7oz/Geb @Whale Osugi ★@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 17:28:47.83 ID:???0.net
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0H501D20140910?sp=true

[東京 10日 ロイター] - 日本が検討している敵基地攻撃能力の保有をめぐり、米国とのせめぎ合いが水面下で続いている。自衛隊が「盾」、米軍が「矛」という同盟構造を塗り替え、中国などを刺激しかねない問題のため、米国は日本に慎重な対応を要求。

両国は「日米防衛協力の指針(ガイドライン)」の改定という公式協議では議題にせず、別の場で答えを探っている。

<ガイドライン協議で米側の姿勢崩せず>

敵基地攻撃能力は、F35のようなステルス機による爆撃や巡航ミサイルといった打撃力を使い、敵国内のミサイル発射装置などを破壊する能力。複数の関係者によると、日本の防衛省と米国防総省は現在、担当者レベルで自衛隊による能力保有の是非や可能性について研究、議論をしている。

両国は昨秋、自衛隊と在日米軍の役割分担を定めた日米ガイドラインの改定協議を本格的に開始した。作業は今年末までに終える予定で、17年ぶりの見直しになることから、この公式協議の場で同問題を話し合うべきとの声が日本側にはあった。

しかし日本の関係者によると、米国は、日本が打撃力を保有すれば東アジアの軍事バランスを崩しかねないと懸念。さらに、米国が提供する抑止力への信頼が同盟国の間で揺らいでいるのではないか、との憶測を呼ぶ恐れもあるため、この問題を同協議で取り上げることに難色を示した。

日本側関係者は「今回のガイドラインでは突破できなかった」としており、両国はさらに時間をかけて話し合い、落としどころを探ることにしたという。

米国の複数の関係者も、日米が非公式に議論していることを否定しない。
関係者の1人は「日本側から具体的なコンセプトや具体的な提案はまだない」と、議論が初期段階であることを示唆している。同関係者は「日本の準備が整えば、こちらは話す用意がある」と語る。

<「米軍に頼むという状況でいいのか」>

日本政府は、敵基地への攻撃について「法理的に自衛の範囲内」との公式見解をとっている。それでも、抑制的な防衛力の整備を基本としてきた日本は、敵基地を叩く攻撃的な兵器を揃えてこなかった。

日米は安全保障条約による同盟を前提に、専守防衛に徹する自衛隊が「盾」、在日米軍が「矛」の役割を担うことになっている。現行のガイドラインは、弾道ミサイルへの対応につい・・・以下略

e620023023e743c98728242a732c86a0


【速報】ウクライナ問題、日本政府が世界のバランサー!戦略的外交を披露!安倍首相の親書をもった森氏『誰も思ってても言えないこと』を言い切り、米欧涙目wwwww

1: エピ ★@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 14:22:35.58 ID:???0.net
森善朗元首相は露日協力はアジア太平洋地域の安定化のために基盤要因のひとつとなるものとの見方を示した。森氏はモスクワで開催の露日フォーラムに出席した中でこう述べた。

森氏はロシア指導部は指導的資質を発揮し、ウクライナ情勢の平和的解決を促すことができるとの確信を表した。

森氏は、2年前、EU内に60年間戦争が無かったことを称えて、EUにノーベル平和賞が授与されたことに驚いたと語り、我々が今目にしていることから考えれば、EUのノーベル平和賞は意味を失うと指摘した。

またこれに関連し、森氏は、欧州には新秩序の確立が必要であり、露日がともにこれを促すために尽力することができるとの確信を表している。

9kollaj_Europe

http://japanese.ruvr.ru/news/2014_09_09/277071075/

▽参考記事
<森元首相>プーチン大統領と会談へ 親書も持参
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140910-00000049-mai-pol

【速報】舛添都知事が外交で「好き放題発言」した結果⇒海外は「日本高官」と紹介!日本国政府の発言として扱われ、ウクライナ問題に自動参戦wwwww

1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 12:02:08.89 ID:???0.net
中韓露に相次ぎ出張の舛添氏、「なぜ都知事が」誤解与える恐れ

4月の中国、7月の韓国、今月上旬のロシアと続けて海外出張した東京都の舛添要一知事。

関係が冷え込む国々ながら、都市間の協力強化を図ることで一致し、舛添知事は成果を強調する。
ただ、国家間の懸案に触れる機会も多く、海外に誤ったメッセージを与える恐れがあり、「なぜ都知事が外交を」との批判もある。

事実と異なる紹介

「日本が一方的にロシアに制裁していることは、日露関係にどのような影響をもたらしていると思うか」

訪露中に現地メディアからは、何度かウクライナ情勢に関する質問が飛んだ。舛添知事は「私たちはアメリカに軍事的に依存せざるを得ない。苦しい立場を理解してほしい」と自身の見解を述べた。だが、現地メディアは「米国は日本が対露制裁を導入するために圧力を加えた」と報じ、別のメディアは舛添知事を「日本の高官」と表現した。

韓国出張でも現地メディアに「安倍(晋三)首相の特使」「都民の9割が韓国を好きと述べた」と事実と異なる内容を報じられた。事実関係やニュアンスの違いは海外メディアの取材を受ける上での“通過儀礼”かもしれないが、内容によっては深刻な影響を招く。

以下略、全文はソースへ
(福田涼太郎)

産経ニュース 2014.9.10 05:07
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140910/plc14091005070001-n1.htm


Twitter&RSS
Sponsored Links


Sponsored Links
Amazon
TOP絵紹介
TOP絵を書いて頂いた方をご紹介
作者.あきひろさん
HP:あきひろのアニメニュース


作者.エミさん

作者.綿毛さん
ブログ:私はゲームを続けるよ

作者.kaibu222
ブログ:カゼタカ2ブログch

素敵なTOP絵ありがとうございます
Sponsored Links
最新記事
Sponsored Links

逆アクセスランキング