米議員候補「韓国系のみなさん投票オナシャァァアアッス。当選したら『東海』併記を連邦議会で提起して全米に義務づけます」どう対抗すべきか

1: エクスプロイダー(京都府)@\(^o^)/ 2014/08/19(火) 16:57:06.94 ID:FDqCKF540●.net BE:725951203-PLT(35252) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/nurupo_ga_1.gif
時事通信
----------
一部候補が「東海」併記公約=韓国系の集票力期待-米中間選挙

【ワシントン時事】米国の学校教科書に日本海を記載する際、韓国が主張する呼称「東海」を併記すべきかどうかをめぐる論争が、米連邦議会でも提起される可能性が強まってきた。11月の米中間選挙で下院選への出馬を予定する候補者の一部が、併記を下院で決議すると公約したためだ。
(略)
公約化の背景には集票力への期待があり、共和党新人のバーバラ・コムストック氏は終戦記念日の15日、日本の植民地支配からの解放を祝う韓国系団体のイベントで「当選したら他の49州に(バージニア州と)同じ州法制定を推奨する決議を提案する」と表明した。
----------
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014081900449

3d4876a24ead21c03e1ba5b333e5aedb_XL


【速報】韓国、「切り捨て論」に気づいた━━(゚∀゚)━━!!朴政権、大慌て!「日本が孤立論はなんだったのだ」自国からも警告!日中は前進、同盟国の米からは「切り捨て論」が噴出

1: ジャンピングDDT(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/08/19(火) 13:44:13.53 ID:RXK/dQEf0.net BE:565421181-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/bs.gif
韓国、孤立化に大慌て 軍事同盟国の米から「切り捨て論」が噴出

今月9日、安倍政権が発足して初めて、岸田文雄外相と王毅外相による日中外相会談が行われたことも、韓国に衝撃を与えた。中央日報は11日、「韓国、失敗すれば北東アジアで孤立する」と題した社説を掲載し、朴政権に警告を発した。

これまで朴政権は露骨な「対中すり寄り外交」を続けてきただけに、日中接近は悪夢に他ならない。

朴振(パク・ジン)元国会外交通商統一委員長は13日、米ワシントンでの講演で「韓日首脳会談が日中首脳会談より先に行われるのが望ましい」と強調。元外務次官の金聖翰(キム・ソンハン)高麗大教授は「私たちが受動的な立場から脱却できなければ、韓国の知らない間に韓半島の運命が決定される」と、中央日報で指摘した。

つい最近まで、韓国メディアは「日本が孤立している」と騒ぎ立てていた。それがいつの間にか、韓国が孤立することへの恐怖感が韓国社会を覆っているようだ。

ジャーナリストの室谷克実氏は「ようやく現実に気付いたのだろう。韓国人は伝統的に、孤立することを異常なほど嫌がる。現在の日本の対韓外交は『無視外交』と言ってもいいが、これがものすごく効いている」と指摘する。

そんな韓国にとって最後の頼みの綱は、同盟国・米国といえる。しかし、カーター政権以降、浮かんでは消える在韓米軍撤退論は根強くくすぶり続けている。これを再活性化させているのが、朴政権の対中すり寄り外交だ。

ikaso
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140818/frn1408181820012-n2.htm

30eba88943ed7e10772f9021783d8525


【悲報】舛添都知事が習近平政権を動かしたことが判明!!帰国後、自画自賛が止まらない「私の訪中を機に習近平政権は政経分離を打ち出した」

1: 諸君、私はウンが好きだ ★@\(^o^)/ 2014/08/19(火) 11:09:23.94 ID:???i.net
2014年08月19日(火)
Win-Winの関係は都市外交の成果

お盆休みに、富士山麓に家族で出かけた。大勢の中国人観光客に驚いてしまった。
困っている中国人に助け船を出すと、「謝謝(シェイシェイ)」と喜んでくれる。各地に中国語表記があり、中国語を話すことのできる店員もいる。中国からはるばるやってきた観光客は、富士山の雄大さ、そして美味しい水と空気を満喫し、お土産をどっさりと買い込んで、日本経済に貢献してくれている。

(略)

4月末に、東京都知事として18年ぶりに北京を公式訪問したが、その成果の一つが、このような中国人観光客による賑わいである。習近平政権は、私の訪中を機に、明確に政経分離の方針を打ち出した。自治体交流、民間交流をすべて解禁したのである。お互いに、反日、反中でいがみ合っていても、良いことは何もない。中国で日系デパートが焼き討ちや略奪にあう光景よりも、銀座のデパートが中国人の買い物客で溢れんばかりになっている光景のほうが、夢も希望も湧いてくる。

Win-Win(ウィン・ウィン)の関係とは、そういうものである。これこそが、都市外交の成果なのである。11月には、北京でAPECが開かれる。北京市長もその準備で忙殺されていると聞く。ぜひとも、日中首脳会談を実現させたいと思う。少しずつではあるが、関係改善の兆しが見えはじめている。

都知事としても、できるだけの努力を払いたい。そのため、中国のメディアに働きかけたり、要人との交流を強化したりしているし、また北京の出版社から中国語で『世界一の都市を目指す東京』(仮題)という本を出す予定もある。

両国民間で交流を深めれば、相互不信感も無くなるし、政治対立を克服して経済成長に全力をあげることができる。お互いに豊かになることが重要である。

抜粋
続きはソースで
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40159

1388995284632
お土産をどっさりと買い込んで、日本経済に貢献してくれている(棒)

【発覚】民主党政権時代に『不法滞在者へ仮放免を柔軟化していた』結果⇒年々増加、仮放免7年の人も「仮放免され不安定な生活なんだが?」

1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/08/18(月) 18:36:14.62 ID:???0.net
「仮放免」外国人の在留資格求め陳情

不法滞在で入管施設に収容されたあと、「仮放免」として一時的に釈放されている外国人について、
働くことが認められないなど不安定な生活が続いている
として、支援団体が地方議会に対し在留資格を
認めるよう国に働きかけることを要請する陳情を始めました。

陳情を行ったのは、日本で暮らす外国人を支援するNPOで、18日、東京・板橋区の区議会に
陳情書を提出しました。

NPOによりますと、「仮放免」として一時的に釈放されている不法滞在の外国人は在留資格がない
ため働くことが認められず、健康保険にも入れないなど不安定な生活が続いているとしています。
また仮放免の人たちの中には、日本人と結婚して長年生活していたり、子どもが日本語しか話せ
なかったりするなど、母国に帰るのが難しい事情を抱えている人も多いということです。

こうしたことから陳情書では、さまざまな事情で長期間日本に滞在している仮放免の外国人について、
在留資格を認めるよう国に働きかけることを要請しています。仮放免の外国人は、入管施設での収容が
長期化することを避けるため、法務省が4年前に仮放免を柔軟に認めるようになったことから去年末で
3235人と年々増えていて、支援団体によりますと、仮放免の期間が7年を越える人も出てきている
ということです。


以下略、全文ははソースへ
NHK NEWS WEB 8月18日 18時17分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140818/t10013893571000.html

02
※入管施設

【悲報】日本元外交官「日本に軍事的な勝ち目はない。ポツダム宣言で北方・竹島・尖閣は日本領土ではない」⇒「領土確定はSF条約、はい論破」

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 15:18:10.49 ID:???.net
尖閣問題で元外交官の孫崎氏
(略)
孫崎氏は、45年8月15日のポツダム宣言を引用しつつ、「日本の主権は本州、四国、九州、北海道とし、
尖閣や竹島、北方領土は自動的に日本の領土にはなっていない」とした上で、尖閣諸島については互いに領有権に
触れない「棚上げ論」が解決方法になっていると説明。

「なぜ、それをひっくり返すのか。私たちは平和を求めているのか、緊張を望んでいるのか。
安倍首相が棚上げにすると言えばすぐに解決するが、残念ながら安倍首相は緊張を望んでいる」と述べた。

先島への自衛隊配備問題にも言及し、「ここに自衛隊基地はいらない。軍事的に守りきれる場所ではない。
日本が軍事的に中国と対決しても勝ち目はない。だったら平和的に解決する手段に頼ればよい。
すでに手段はある。なぜそれを使わないのか」と述べ、尖閣問題を棚上げして友好関係を強化すべきだと主張した。

講演会は、八重山地区労働組合協議会などで構成する実行委員会(大田静男委員長)が主催した。

ソース:八重山毎日新聞 2014年08月07日
http://www.y-mainichi.co.jp/news/25549/

2013-08-15-yoshida


Twitter&RSS
Sponsored Links


Sponsored Links
Amazon
TOP絵紹介
TOP絵を書いて頂いた方をご紹介
作者.あきひろさん
HP:あきひろのアニメニュース


作者.エミさん

作者.綿毛さん
ブログ:私はゲームを続けるよ

作者.kaibu222
ブログ:カゼタカ2ブログch

素敵なTOP絵ありがとうございます
Sponsored Links
最新記事
Sponsored Links

逆アクセスランキング