民主・枝野氏「安倍首相はポツダム宣言は受け入れてきたとは言いたくない。(つまびらかに読んでいないとの発言は)わざとだったら、ずるいなと思う。」

1: ひろし ★ 2015/05/24(日) 21:47:02.04 ID:???*.net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00000034-asahi-pol

■民主党・枝野幸男幹事長

(安倍晋三首相が共産党の志位和夫委員長との党首討論で、ポツダム宣言を「つまびらかに読んでいない」と答えたことについて)首相自身が「戦後レジームからの脱却」と言ってきたが、戦後レジームとはポツダム宣言そのもの。細かい規定ぶりまでは知らなくとも、中身は当然知っているでしょう。
志位さんにああやって聞かれたら、個人的な感情は別にして、「政治としてはそれを受け入れて、私たちは再出発した」と言うしかない。

ポツダム宣言は間違っていると言った瞬間、日米関係もめちゃくちゃになる。だけどポツダム宣言は受け入れてきたとは言いたくない。(つまびらかに読んでいないとの発言は)わざとだったら、ずるいなと思う。(さいたま市でのオープンミーティングで)

朝日新聞社

▽オススメ速報
【悲報】こども店長が微妙な成長をとげつつある件

【悲報】議員ら3000人で訪中した結果⇒習近平の演説を聞ける成果をあげる「」

1: coffeemilk ★ 2015/05/24(日) 18:18:18.41 ID:???*.net
2015年5月23日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席は、北京市内の人民大会堂で開いた「中日友好交流大会」で演説し、「中日双方は歴史をかがみに未来に向かうという精神で、平和発展を共に促し、世代友好を共に図り、両国発展の美しい未来と共に切り開いて、アジアと世界の平和のために貢献していこう」と強調した。新華網が伝えた。

式典には、中国政財界人と、中国訪問中の二階俊博自民党総務会長と約3000人の訪中団が出席した。

(略)

今年が中国人民抗日戦争、世界反ファシスト戦争勝利70周年に当たることについては、「日本軍国主義が犯した侵略の罪を隠したり、歴史の真相を歪曲(わいきょく)したりすることは許されない。日本軍国主義の侵略の歴史を歪曲し、美化しようとするいかなる言動も、中国人民とアジアの被害国の国民は決して許さない。正義と良識を持つ日本国民もきっとこれを許さないと信じている」と指摘。

2015y05m24d_230730822

http://news.livedoor.com/lite/topics_detail/10148226/

▽オススメ速報
爆問・太田 橋下氏に「文化人枠でしか使えねえぞ!お前!」

【速報】中国政府、米軍に対し「潜在的な脅威となり、平和と安定に大きな損害を与えたも、実力による阻止も辞さない」⇒米「突入します」

1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2015/05/23(土) 00:50:21.59 ID:???.net
no title

北京の中国外務省で、記者会見する洪磊副報道局長=22日(共同)

【北京=矢板明夫】中国外務省の洪磊(こうらい)報道官は22日の定例記者会見で、南シナ海上空で中国軍機が米軍機に退去警告を行ったことについて「米国側の行動はわが国の安全にとって潜在的な脅威となり、地域の平和と安定に大きな損害を与えた。このような無責任かつ危険な行為に対し強く不満を表明する」と抗議した。

そのうえで、米政府が今後、スプラトリー諸島の12カイリ以内に米軍機を進入させる可能性を表明したことについて、「言動を慎むよう求める。私たちは関係地域に対する監視を密にし、必要に応じて適切な措置を取る」と語り、米側が実際の行動に出た場合、実力による阻止も辞さない態度を示した。

(略)

そのうえで、「習近平政権は、ホワイトハウスが最後に、国防省の12カイリ進入計画を認めないことを期待しているはずだ」と分析した。

以下略、全文はソースへ
http://www.sankei.com/world/news/150522/wor1505220035-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/150522/wor1505220035-n2.html

▽オススメ速報
【緊急速報】 アメリカ政府、中国に宣戦布告!!!! 繰り返す!米国政府が中国に宣戦布告!!!! 中国領海内に米軍戦闘機と軍艦派遣を正式発表

TOP絵紹介
TOP絵を書いて頂いた方をご紹介
作者.あきひろさん
HP:あきひろのアニメニュース


作者.エミさん

作者.綿毛さん
ブログ:私はゲームを続けるよ

作者.kaibu222
ブログ:カゼタカ2ブログch

素敵なTOP絵ありがとうございます
逆アクセス(3日)
Sponsored Links
外部サイト