韓国「右傾化が」⇒野田前首相がプチ切れ「悪化は野田政権から。右傾化関係ない、また1000年後に」時系列的に事実関係を詳細に語って反論

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 13:04:24.00 ID:???.net
■韓国の反日は安倍政権以前から

野田佳彦前首相が自身のブログ「かわら版」(8月18日)で冷え込んだ日韓関係について、興味深い発言をしている。

それによると2013年秋、日韓関係の立て直しについて、「日韓の有識者による会合が密かに開催」されたそうだ。この会合で「韓国側出席者は異口同音に日韓関係の冷え込みは、日本の右傾化が原因である」と指摘したそうである。日本の右傾化というのが、安倍政権のことを指していることは明らかだ。

これに対し野田氏は、時系列的に事実関係を詳細に語って反論したそうである。

まず2011年10月の訪韓の際、当時の李明博大統領は、「歴代の韓国大統領は就任直後は未来志向の日韓関係を唱えるが、任期後半になると反日カードを使いながら支持率を上げようとしてきた。私はそういうことをしたくない」と、きっぱりと明言したこと。

ところが直後の12月に京都で開催された日韓首脳会談では、李大統領は時間の大半を費やしていわゆる従軍慰安婦問題の解決を求めてきたため、野田氏が1965年の日韓請求権協定によって法的には完全に決着しているという立場を貫き通したこと。これが、「翌年8月の李大統領による竹島上陸という常軌を逸した行動の伏線となり、日韓関係の急速な悪化につながった」というのが野田氏の見立てである。

その上で野田氏は、「両国関係の悪化は残念ながら既に野田政権の時から始まっていました。その時、日本は右傾化していたのでしょうか。むしろ、ナショナリズムとポピュリズム(大衆迎合主義)を連動させる動きが韓国側から始まったと見るべきでしょう」と指摘している。

中国でもそうだが、国内政治事情のために「反日」を利用する。最近では、韓国で日本を利用することを指した「用日」という言葉があるそうだが、このような行為は自ら世界の三流国と宣言するようなものだと知るべきだ。

■「千年恨」と言うのなら・・・1000年待つしかない


以下略、続きはソースへ
ソース:JBpress 2014.08.25
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41557
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41557?page=2
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41557?page=3
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41557?page=4

images


【衝撃】 世界「日本は借金大国の国家。債務1039兆円、GDP比210%。世界史上の最悪レベル」⇒2ch「せやな、国連分担金とシナへの円借款は直ちに止めるべき」

1: 垂直落下式DDT(中国)@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 00:03:29.52 ID:wrF0eW7w0●.net BE:338978935-2BP(11000)
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
借金大国ニッポン 先進国では断トツの最悪水準

財務省は8月8日、国が背負う借金が過去最高を更新したと発表した。
今年6月末時点において、国債、借入金、政府短期証券を合算した
総負債額が1,039兆4,132億円に達したという。背景にあるのは高齢化だ。
国内経済市場は成熟し、経済成長が伸び悩む中、医療や年金、
介護などの社会保障費は膨らみ続けている。さらに現役世代の納付額は、
少子化によって今後さらに目減りすることが予測されている。政府は不足分を
補うために国債を発行しているが、それでは首を絞めることとなるだけで何の解決にもならないだろう。

 現在、国の歳入の約半分は国債発行によって維持されている。日本の借金は、
国際的に見ても最悪の水準だ。経済協力開発機構(OECD)によると、アメリカ、
カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアの先進国の中で、借金残高の国際比較において
日本の水準は際立って悪い。(以下略)
(編集担当:久保田雄城)

http://economic.jp/?p=39288

ENukJ


【悲報】舛添知事、中国から『主従関係を表す贈り物』を喜んで受け取ってしまう!竹田恒泰が激怒「要は朝貢してんのかって話です」

1: キチンシンク(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 08:14:50.06 ID:37ONm0ie0.net BE:721835457-PLT(12345) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/kita.gif
舛添さんは中国で余計なものもらってきたらしいじゃないですか。
これ、「人民中国」っていう雑誌なんですけれど、ここにねえ、なんか変な記事が載ってるんですよね。
(中略)

どうやら中国側から印鑑をもらったらしいんですよ。
印鑑をもらう?「ハァー?」って感じです私に言わせたら。
あんた卑弥呼かよって感じですよ。

要は朝貢してんのかって話です。
何をもらってもいいけど印鑑だけはもらうな!
何印鑑もらって喜んでんだこのオヤジふざけんなよ!

叩き返して来い!
その場で割れっていうんだそんなもの。
(中略)

名前でもつけてもらえばよかったのにねえ。
(中国は)罵倒する言葉ばっかりつけるわけです。卑弥呼って「卑しい」っていう字でしょう。邪馬台国の邪は「よこしま」じゃないですか。
(だから)名前つけてもらえばよかったんですよ。それを名乗ればいいじゃないですか。中国に行くと汚い名前つけてくれるから。印鑑になんて書いてあるんですかねえ。
(中略)

だから何をもらってもいいけど印鑑だけはもらっちゃいけないですよ。上下関係になるから。印鑑を与える者と印鑑を貰う者というのは主従関係になるわけです。
「ボクこの印鑑もらっちゃったんだけど」って、馬鹿じゃねーのって話ですよ。朝貢です。これが冊封体制っていうんです。

http://www.buzznews.jp/?p=150791
https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=T5TwYImjl9M



【悲報】舛添都知事、就任以前の10年に「景気回復のためにも、金融機関は低金利で在日韓国人らにも融資すべき」、韓国優遇策の背景に私的な感情とルーツ?

1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 19:32:50.78 ID:???.net
■舛添都知事、韓国優遇策の背景に私的な感情とルーツ?都内に韓国学校増設、在日韓国人融資
(略)
●韓国優遇は私的感情?
都知事に就任以前の10年には、在日韓国商工会議所で開催されたセミナーにおいて、「景気回復のためにも、金融機関は低金利で在日韓国人らにも融資すべき」と発言するなど、韓国優遇策を事あるごとに強調してきた。

舛添知事は、著書『私の原点、そして誓い』(佼成出版社)の中で、「舛添家発祥の地は福岡県ですが、わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深く(略)私の父は自分の選挙ビラにハングル(朝鮮文字)でルビを振った最初の日本人だったようです。そんな縁で、私自身もハングルの勉強に励んでいますし、韓国への造詣を深めることに喜びを感じています。私は韓国には何度も何度も足を運んでいます」と述べており、韓国へは格別な思いがあるようだ。

個人的なルーツや思いはどうであれ、公人としては私的感情によって、ある一国だけに便宜を図るような政治を行う姿勢には疑問がある。

東京都にとって、または国にとって意義のある政策であるならば、議会において議論を深め、十分に都民に説明をすべきことが舛添知事には求められる。
(文=編集部)

ソース excite/ビジネスジャーナル
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140824/Bizjournal_201408_post_5808.html

Bizjournal_201408_post_5808_1

【悲報】中国紙「ユース五輪日本体操選手の失敗に会場から歓声」⇒中国、慌ててシャットアウト「そのような事実はなかった」

1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 20:49:45.12 ID:???.net
中国紙、「日本体操選手の失敗に会場から歓声」報道を否定「そのような事実ない」―中国

2014年8月23日、中国青年報は、中国・江蘇省南京市で行われているユース五輪で、男子体操の日本選手・湯浅賢哉の失敗に「会場から大きな拍手と歓声が上がった」とする報道について、「そのような事実はなかった」と伝えた。

記事では、試合映像を確認した記者の話として「湯浅が失敗した際、会場の観衆に特に変わった行動は見られなかった」と報じた。

中国のメディアは、湯浅があん馬のウォーミングアップで失敗すると、「会場から大きな拍手と歓声が上がった」と報道していた。(翻訳・編集/NY)

Record China 2014年08月24日12時20分
http://news.livedoor.com/article/detail/9178232/

AS20140816003086_commL


Twitter&RSS
Sponsored Links


Sponsored Links
Amazon
TOP絵紹介
TOP絵を書いて頂いた方をご紹介
作者.あきひろさん
HP:あきひろのアニメニュース


作者.エミさん

作者.綿毛さん
ブログ:私はゲームを続けるよ

作者.kaibu222
ブログ:カゼタカ2ブログch

素敵なTOP絵ありがとうございます
Sponsored Links
最新記事
Sponsored Links

逆アクセスランキング