【速報】米国「FONOP作戦により南シナ海の自由証明」⇒中国「ミサイル設置できたし、そろそろ発砲、あるいは体当たりするわ」

1: ひろし ★@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 23:42:23.07 ID:CAP_USER.net
南沙諸島(スプラトリー諸島)で中国が建設を猛スピードで進めている7つの人工島の1つ、スービ礁周辺海域に、2015年10月、アメリカ海軍が駆逐艦と哨戒機を派遣して「FONOP」(公海航行自由原則維持のための作戦)を実施した(本コラム「遅すぎた米国『FONOP』がもたらした副作用」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/45163)

その後、しばらくFONOPが繰り返されることはなかったが、2016年1月30日に、すでに30年以上も中国が実効支配を続けている西沙諸島(パラセル諸島)の中建島(トリトン島)周辺海域でアメリカ駆逐艦によるFONOPが実施された。

中国側はこのようなアメリカの姿勢に対応して、西沙諸島の政治軍事的中心である永興島(ウッディー島)に地対空ミサイル部隊を展開させた。

それに対してアメリカ政府は、南シナ海の軍事的緊張を一方的に高める動きであると非難した。

すると中国国営メディアは、「中国の主権的海域に軍艦を送り込むアメリカの行動こそが、南シナ海の平和的安定を損なう元凶である」と反論し、「アメリカ軍艦に発砲、あるいは体当たりして、アメリカに教訓を与えなければならない」と中国共産党政府に注文をつけた。

(以下略 全文はリンク先で)
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20160225-00046138-biz_jbp_j-nb

img_0

▽オススメ速報
ベッキー、アフリカへの巨額寄付で校舎5つ建てた報道 ⇒ とんでもない嘘がバレて炎上wwwwww

【速報】中国政府、米国にブチ切れ声明「でたらめな理屈で泥を塗り、そそのかして仲違いさせ、米国が海上覇権を行使するために、武力を誇り威勢を示す口実にしている」

1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 21:37:16.86 ID:CAP_USER.net
【北京=川越一】

中国外務省の洪磊報道官は26日の定例記者会見で、ハリス米太平洋軍司令官が中国による南シナ海上空での防空識別圏設定に憂慮を示したことについて、「中国の南シナ海における正当で理にかなった行動に泥を塗り、そそのかして仲違いさせ、米国が海上覇権を行使するために、武力を誇り威勢を示す口実にしている印象がある」と反発した。

洪報道官はさらに、「でたらめな理屈は一千回繰り返してもでたらめな理屈だ。中国が南シナ海で適度な国土防衛施設を配置することは軍事化ではない。防空識別圏を設置するかは、形勢の発展を見ることが大切だ」と主張。「米国の官吏は、南シナ海で大げさな宣伝を止めよ」と迫った。

産経ニュース 2016.2.26 19:20
http://www.sankei.com/world/news/160226/wor1602260029-n1.html

▽オススメ速報

【覚せい剤】 ナイナイ岡村、東スポを訴えるwwwwwwwww

中国「日本のP3C対潜哨戒機どうにかしろよ!我が国の脅威だ」⇒毎年約500回監視、陸上の電子活動、レーダー、通 信などの情報を追跡・偵察

1: 旭=1005@Ttongsulian ★@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 17:38:00.85 ID:CAP_USER.net
海上自衛隊は24日、P3C対潜哨戒機が警戒・監視・訓練を行う動画を公開した。そのうち機内の様子は初公開となった。P3Cが近年、頻繁にニュースで取り上げられている。

(略)

尹氏によると、日本のP3Cの数は、太平洋方面で米国を上回り、中国に対する近接偵察の主力になっている。毎年の偵察回数は、延べ500機以上に達する。P3Cの中国海軍に対する主な脅威は、中国近海における艦艇と潜水艦の活動に対する監視だ。

またP3Cは一定の電子偵察能力を持ち、領海線に沿うようにして飛行すれば、陸上の電子活動、レーダー、通信などの情報を追跡・偵察できる。また捕捉した電子信号の特徴と監視目標を比較対象し、データバンクに記録することで、戦時中の攻撃に向け準備を整える。

日本は近接偵察の他に、P3Cが入手した情報を、米国、韓国、中国台湾地区と交換し、中国海軍の艦艇・潜水艦に対する追跡を系統的にしている。同時に空と宇宙からの監視、水上艦および各島礁に設置した水中ソナーと一体化させることで、立体的な追跡と監視が可能だ。

これは中国の艦艇および潜水艦の活動の重大な脅威となっている。

尹氏によると、P3Cの近接飛行は中国に対する非常に非友好的な行動だが、国際法には違反しない。

中国も今後、日本近海に対する空の活動を拡大するべきだ。目には目を歯には歯をで、海上偵察機、電子偵察機などを使い日本に近接偵察をしかけるべきだ。
2016/02/26 14:35
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2016-02/26/content_37880920.htm

▽オススメ速報
韓国人が「朝鮮戦争=日本に勝った戦争」ではないと知って発狂www 都合良く日本が悪い論にすり替えててワロタwww 


Twitter&RSS
Sponsored Links


Amazon
Sponsored Links
逆アクセスランキング