【大日本帝国海軍復活】豪州「日本のそうりゅう潜水艦凄い」⇒日本「そうりゅうはもう型落ち。予算大幅増で魔改造潜水艦を製造中!AIP(そうりゅう)+リチウム」

1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 22:29:52.11 ID:???0.net
[東京 29日 ロイター] - 防衛省は、2015年度から隠密性のより高い潜水艦の建造に着手する。
鉛蓄電池に代えてリチウムイオン電池を搭載し、長期間の潜航を可能にする。
浮上回数が減ることで、これまでよりも敵に発見されにくくなる。

日本は中国の海洋進出をにらんで潜水艦を16隻から22隻体制に増強中。
14年度に続いて15年度も1隻建造する計画で、概算要求に644億円の費用を盛り込んだ。
14年度予算に計上した建造費517億円から100億円以上高くなる。

費用を膨らませる主要因は、新たに搭載するリチウムイオン電池。
従来の潜水艦は、浮上中にディーゼルエンジンで航行して鉛蓄電池に充電、潜航中は蓄えた電気を動力源にしている。

さらに潜航期間を伸ばすため、空気を必要としない推進機関「AIP」を積んでいる。

鉛蓄電池とAIPを設置している空間に大型のリチウムイオン電池を積むことで、
これまで最大2週間程度だった潜航期間が「格段に伸びる」(防衛省関係者)という。

建造費や維持管理費を含めた、15年間使用した場合のライフサイクルコストは、
現行の1000億円よりも安くなる見込みだという。

日本のディーゼル潜水艦は静穏性や潜航能力に優れているとされ、オーストラリアが導入に関心を示している。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GT06220140829

日本のそうりゅう型潜水艦2


【画像】読者「読売の朝日への攻勢が凄いです。勧誘チラシも朝日誤報をネタにしてます。」

【速報】日本にエボラ侵入の可能性!日本人2名が南アフリカで体調を崩す⇒日本に入国・出国⇒モルドバの入国検査でエボラの疑い隔離!!

1: ストマッククロー(岐阜県)@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 22:26:23.74 ID:jSG7lcaP0.net BE:273822876-PLT(13122) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kukkuru01.gif
感染疑いで2邦人隔離 モルドバ、イスタンブール経由

旧ソ連圏モルドバの首都キシニョフで29日、日本人男性2人がエボラ熱感染の可能性を調べるため病院に隔離された。同国の国境警備当局が共同通信に明らかにした。

2人は同日朝、日本からイスタンブールを経由して到着。入国の際、高熱があることが感知器で分かった。2人は数週間前に南アフリカに出張した後に体調を崩していた。(共同)

3-649e1

http://sankei.jp.msn.com/life/news/140829/bdy14082921160003-n1.htm

※11:35修正
タイトルの誤字を修正致しました。


TOP絵紹介
TOP絵を書いて頂いた方をご紹介
作者.あきひろさん
HP:あきひろのアニメニュース


作者.エミさん

作者.綿毛さん
ブログ:私はゲームを続けるよ

作者.kaibu222
ブログ:カゼタカ2ブログch

素敵なTOP絵ありがとうございます
逆アクセス(3日)
Sponsored Links
外部サイト