【悲報】安倍首相のインド訪問突然中止はスパイス料理が原因だと報道www

1: ばーど ★ 2019/12/15(日) 14:33:32.79 ID:+WsHCVA59
(略)
■スパイスの効いた料理が退陣のトドメに

安倍政権にとってインドは、海洋進出を活発化させている中国の影響力を封じ込めるための重要なパートナーのはず。安倍本人が外遊好きであることに加え、インドとはほぼ毎年、互いに訪問を繰り返す仲だけに、ドタキャンの裏に「別の理由があるのでは」と勘繰られているのだ。永田町でウワサされている一説が、インドに対する「トラウマ」である。

第1次政権の時、安倍首相は2007年7月の参院選で惨敗。わずか2カ月後、体調不良を理由に政権を放り投げている。

「安倍首相は当時、辞任直前にインドを訪問しています。消えた年金問題などで内閣支持率が3割台に落ち込んでいる最中のことです。訪問直後に辞任に追い込まれたインドは、安倍首相にとって縁起の悪い地なのです。現在も、内閣支持率は前月比7・9ポイント減の40・6%と急落しています。“安倍1強”が盤石の時なら気にしないのでしょうが、政権にほころびが出ているだけに、支持率急落とインド訪問が苦い記憶と重なっていてもおかしくありません」(永田町関係者)

さらに、訪印延期の理由として、もうひとつささやかれているのが「体調悪化」だ。

「安倍首相の持病は難病指定されている潰瘍性大腸炎です。07年の訪印直後に体調が悪化したのは、インドの香辛料の効いた料理が原因ではないかといわれています。『桜を見る会』が国会で取り上げられてから体調を悪化させ、これ以上、症状を悪化させないために訪印を取りやめたとしても不思議ではありません」(前出の永田町関係者)

ドタキャンの裏に何があったのか。
19/12/14 14:50 日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/266249/ 

▽おすすめ
韓銀「MAX1178(震え声」日本「深夜の乱高下!」韓国「ファッ!?」トランプ「米中合意!」習近平「ニコッ」何故か暴落する通貨→

韓国の消費者34・4% 「日本製品不買運動は1~3年続くと思う」、25・9%「3年以上続くと思う」

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/12/12(木) 00:02:11.96 ID:CAP_USER
国内の消費者のうち81.5%は「日本製品不買運動に賛成している」ことが調査の結果分かった。また70%は不買運動の影響で日本製品を買うのをやめたことがあり、不買の品目としては食品が最も多かった。

11日に農村経済研究院が発表した「2019年食品消費および食生活の行態」と題する資料によると、消費者の81.5%は日本製品不買運動に賛成すると答えた。

今年7月に日本製品不買運動が拡大する前までは44.7%が日本製品を肯定的に考えていたが、不買運動が拡大して以降は対照的な結果となった。調査は今年10月29日から11月19日にかけ、国内の消費者(1519世帯)を対象に行われた。
(略)
日本に関連する飲食店を訪れないと答えた消費者も多かった。33%が「日本企業が運営している飲食店や、韓国に進出している日本の飲食店では食事しない」と答え、29.6%は「日本の料理を提供する飲食店を訪れない」と答えた。

消費者は、日本製品不買運動が長期間続くとの見方を示した。
34.4%が「不買運動は1-3年続くと思う」と答え、「3年以上続くと思う」と答えた人は25.9%だった。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/11/2019121180240.html
▽おすすめ
【画像】大学のヤリサー、ガチの流失写真がヤバい

【桜を見る会】自民党の世耕弘成参院幹事長「招待者名簿は個人情報の塊、会が終わって削除するのは当たり前」

1: 1号 ★ 2019/12/15(日) 09:55:20.29 ID:wMrE1dpq9
自民党の世耕弘成参院幹事長は十四日、長浜市内のホテルで講演し、安倍晋三首相が主催した今年の「桜を見る会」の招待者名簿を内閣府が破棄していた問題について「会が終わったらできるだけ早く消去するのは、ある意味当たり前だった」と述べた。

世耕氏は、神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HD)がインターネットオークションを通じて流出した問題を引き合いに「招待者名簿は個人情報の塊。HDが復元できる状態なら個人情報が出てくる」とし、内閣府の対応に理解を示した。
2019年12月15日
https://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20191215/CK2019121502000016.html
▽おすすめ
海外「ニューヨークを超えている…」 東京の桁違いの規模が一目で分かる写真に外国人が騒然

逆アクセス(3日)
Sponsored Links
外部サイト
Amazon
Sponsored Links