【悲報】舛添都知事、就任以前の10年に「景気回復のためにも、金融機関は低金利で在日韓国人らにも融資すべき」、韓国優遇策の背景に私的な感情とルーツ?

1: LingLing ★@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 19:32:50.78 ID:???.net
■舛添都知事、韓国優遇策の背景に私的な感情とルーツ?都内に韓国学校増設、在日韓国人融資
(略)
●韓国優遇は私的感情?
都知事に就任以前の10年には、在日韓国商工会議所で開催されたセミナーにおいて、「景気回復のためにも、金融機関は低金利で在日韓国人らにも融資すべき」と発言するなど、韓国優遇策を事あるごとに強調してきた。

舛添知事は、著書『私の原点、そして誓い』(佼成出版社)の中で、「舛添家発祥の地は福岡県ですが、わが家は先祖代々朝鮮半島とはゆかりが深く(略)私の父は自分の選挙ビラにハングル(朝鮮文字)でルビを振った最初の日本人だったようです。そんな縁で、私自身もハングルの勉強に励んでいますし、韓国への造詣を深めることに喜びを感じています。私は韓国には何度も何度も足を運んでいます」と述べており、韓国へは格別な思いがあるようだ。

個人的なルーツや思いはどうであれ、公人としては私的感情によって、ある一国だけに便宜を図るような政治を行う姿勢には疑問がある。

東京都にとって、または国にとって意義のある政策であるならば、議会において議論を深め、十分に都民に説明をすべきことが舛添知事には求められる。
(文=編集部)

ソース excite/ビジネスジャーナル
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20140824/Bizjournal_201408_post_5808.html

Bizjournal_201408_post_5808_1

【悲報】中国紙「ユース五輪日本体操選手の失敗に会場から歓声」⇒中国、慌ててシャットアウト「そのような事実はなかった」

1: すらいむ ★@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 20:49:45.12 ID:???.net
中国紙、「日本体操選手の失敗に会場から歓声」報道を否定「そのような事実ない」―中国

2014年8月23日、中国青年報は、中国・江蘇省南京市で行われているユース五輪で、男子体操の日本選手・湯浅賢哉の失敗に「会場から大きな拍手と歓声が上がった」とする報道について、「そのような事実はなかった」と伝えた。

記事では、試合映像を確認した記者の話として「湯浅が失敗した際、会場の観衆に特に変わった行動は見られなかった」と報じた。

中国のメディアは、湯浅があん馬のウォーミングアップで失敗すると、「会場から大きな拍手と歓声が上がった」と報道していた。(翻訳・編集/NY)

Record China 2014年08月24日12時20分
http://news.livedoor.com/article/detail/9178232/

AS20140816003086_commL


【サヨク悲報】 韓国大統領府「困った。産経を懲らしめようとしたら、逆に世界に拡散してしまった」

1: ラダームーンサルト(岐阜県【14:10 岐阜県震度1】)@\(^o^)/ 2014/08/24(日) 14:29:51.04 ID:Ht0qUB6S0.net BE:631447722-2BP(1500)
sssp://img.2ch.sc/ico/iyou_12.gif
大統領府が悩みである大韓民国
イギリスのエコノミスト、朴槿恵密会暗示「サンケイ告発」に注目

8月11日、私は最近の記事で、「産経の問題ここで仕上げなければ」というタイトルの記事で、産経新聞の報道の問題について以下のような結論を常であった。「この問題を下痢法廷に持っていくと、2つの国の間にどのような利益があるだろうかと思う。公演が日本社会全体に、また場合によっては、世界の社会にとんでもないメッセージに変身することができる危険性まで内包しているのが私の考えである。大統領府は、戦略的に考えていただきたい。

" 続いて8月20日、最近の記事では、「政府の外れた名誉毀損の概念」という題で、次のような直線的事態の位中であることを知らせようとした。

「産経との戦争は日本を越えて世界に国の恥させること」
「今検察が産経新聞を相手に戦争をするということは、朴槿恵の名誉を回復させてみるという忠誠のはじめだと思う。しかし、これはややもすると大統領の名誉をさらに泥沼に陥るし、併せて日本を越えて全世界に国の名誉を失墜させるものと推測する。」

■最終的には国際的な恥さらし段階に入り急落
今日8月22日、外信翻訳サイトニュース番組によると、世界的なイギリスの伝統的な週刊誌エコノ
ミストが「Japan and South Korea、Wars of words」「韓国と日本、言葉の戦争」というタイトルの記事を掲載した。

しかし、その内容はサンケイの記事の内容よりももっと深刻な表現で、朴槿恵の体面はもちろん、国家の体面を侵害している。 サンケイ新聞の内容がライフルの威力であれば、エコノミストの報道記事は、無反動銃ほどの威力を発散している。

ここで一歩進んで、日本のマスコミ全体が騒げば、世界のメディアに拡散されることで、世界のメディアに拡散されると、そのものが不可能になる。 そして世界のマスコミは、より多くの荒涼とした表現に韓国大統領の名誉を軸私になるだろう。(中略)

もし検察が産経記者を裁判所に起訴されれば、韓国と日本の間には、国レベルの話 - 戦争がつく
ものであり、これは新しい形の戦争に飛び火世界のニュースの第1面の見出しで登板することに
なるだろう。(以下略)
http://www.newstown.co.kr/news/articleView.html?idxno=177871

1aa45aa2


Twitter&RSS
Sponsored Links


Amazon
Sponsored Links
逆アクセスランキング