1: 継続スレッド作成依頼1060-239@チンしたモヤシ ★ 転載ダメ©2ch.net 2016/12/26(月) 16:10:02.67 ID:CAP_USER9
「真珠湾」通告遅れは意図的か 対米開戦に新説 九大教授が米記録発見
2016年12月26日10時23分 (更新 12月26日 10時42分)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/297940

 太平洋戦争の開戦通告が遅れたのは、ワシントンの在米日本大使館の怠慢だったとする通説を覆し、日本外務省が意図的に電報発信を遅らせたことが原因とする説が浮上している。九州大学記録資料館の三輪宗弘教授が、通告の訂正電報を外務省が13~14時間遅らせて発信していた記録を、米国公文書館(メリーランド州)で発見した。開戦から75年。安倍晋三首相がハワイ・真珠湾を訪問するが、通告の遅れに関する真相究明が進んでいる。
 日本が日米交渉の打ち切りを米国に伝えた「対米覚書」が、開戦通告と位置付けられている。
 三輪教授が発見したのは、覚書の一部である二つの電報の発信記録。外務省が大使館に発信し、米海軍が傍受したもので、1941年12月7日の「午前0時20分」と「午前1時32分」(いずれも米東部時間)とある。この電報の存在と時刻が何を意味するのか。
 旧日本軍が真珠湾攻撃を開始したのは、同7日午後1時19分。覚書が当時のハル米国務長官に手渡されたのは1時間後の午後2時20分だった。この遅れが、米国から「だまし討ち」と批判される原因となった。
 覚書は、外務省が発信した暗号電報を大使館が解読し、英文に直してタイプライターで作成した。長文のため、電報は14部に分けて発信された。
 1~13部は同6日午前8時~11時25分に発信されており、内容はこれまでの日米交渉を確認するにとどまる。交渉を打ち切るという「結論」は14部で初めて分かるが、ぎりぎりまで機密を保持するため、13部から約15時間後の7日午前2時38分に発信された。
 現在の通説はこうだ。大使館は6日中に13部までをタイプライターで清書し、7日朝に14部を追加すれば開戦前に通告できたはず。しかし、大使館は7日朝から1~14部の清書を始めたため、間に合わなかった。6日夜に大使館内で送別会があっていたことなどから、大使館の「怠慢」が通告遅れを招いた-。
 だが、三輪教授は、元外務省ニュージーランド大使の井口武夫氏が2008年の著書で触れた訂正電報の存在に注目した。当時、大使館の1等書記官だった奥村勝蔵氏が、1945年に「夜半までに13通が出そろったが、後の訂正電信を待ちあぐんでいた」と陳述していた。
 三輪教授は、大使館が1~13部の「訂正電報」を待っていたため、清書ができなかったとする仮説を立てた。訂正が175字に上っていたことも外交資料で分かった。当時のタイプライターは途中で挿入や訂正ができない。大使館は「訂正電報」が届くまで清書ができなかったのではないか。
 発見した二つの電報は、他の電報の詳細と突き合わせた結果、「訂正電報の可能性が極めて高く、奥村証言を裏付ける証拠」と三輪教授は読む。13部が発信された6日午前11時半から、二つの訂正電報が出されるまで13~14時間の「空白」がある。この間、大使館は清書ができない。
 これが事実とすれば、では何のために、外務省は訂正電報を遅らせたのか。

関連記事
真珠湾攻撃に新説 「訂正」打電遅れ、陸軍が指示? 大使館は清書できず - 西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/297937

前スレ(★1のたった日時:2016/12/26(月) 12:10:29.63)
【国際】「真珠湾」通告遅れは意図的か 対米開戦に新説 九大教授が米記録発見
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1482721829/

6: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:14:23.02 ID:Sp7+GE/W0
>>1

知ってた

3: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:13:02.42 ID:0HF8QFsPO
日本本国の外務省も真珠湾攻撃は知らされてなかったんじゃないの。

11: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:17:23.91 ID:DEiVlRjT0
>>3
御前会議まで開いてんだから知らないなんてことはないだろ

4: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:14:06.63 ID:aZocHoDz0
外務省が米国に抱き込まれてた。

それ以外にないな

5: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:14:07.97 ID:0vYdw2Wy0
外務省怠慢説って事実なん?
とても信じられないんだが

171: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 17:37:24.79 ID:HyMl2cIL0
>>5
役人が悪いって、責任を投げつける、いつも通りの日本にありがちな風景。

実際は、政府から軍までグダグダの希望観測に日和見主義で
アホな計画と、米国が停戦講話に応じるなどという馬鹿話に釣られて開戦したこと自体が間違い。

288: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 19:18:20.53 ID:HwRuOPpt0
>>5
真実かどうかはわからんけど、いまの行政や政治をみていたらトンデモなとこでアホやらかすのはありえる。
いまの政治家や官吏よりも帰属意識が強い人達でもありえる

8: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:15:46.97 ID:3E5T7VEU0
現代と70年前では1時間の長さが違う、昔はのんびりしてるからな

15: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:19:40.73 ID:pFedpJG50
奇襲は開戦の常道。
やられた間抜けがギャーギャー騒いでるだけ、
まったく意味無し。

18: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:21:07.70 ID:hviff/8V0
協議続行不可能の通告だろう。弓引きますとは書いていない第14部。
ただ、奇襲失敗を海軍が異常に恐れていたのは事実のようだし
送れて良かった、と思った人間もいたかも知れんね。
ま、覆水盆に返らず、とも言うし、何を今更な感じだ。

23: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:23:51.74 ID:ETBIcYKc0
全ては戦争をしたくてしたくて仕方ないアメリカの謀略だよ。
アメリカは「他国からの侵略を守る為の戦争」をいつも演出するんだよね。

272: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 18:52:06.70 ID:3MAkOsBP0
>>23
ルーズベルトは選挙公約で国民にアメリカから戦争しませんと言ったから日本から先に手を出してから復讐として参戦した

25: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:24:54.64 ID:CmFIYufd0
猫耳を襲うのは戦の常道

26: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:25:43.76 ID:wSbkGXkp0
軍人は政府に「アメリカを叩け」って言われたらやるしかねぇんだよ
全滅するってわかっててもやるしかない
あるいはクーデターするしかない

32: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:29:37.98 ID:0HF8QFsPO
>>26
軍人はやる気まんまんだったよ。石油さえあればアメリカに勝てないまでも、長期持久で負けないと思ってたし、
たとえ石油の輸入が再開してもアメリカが中国を援助してる限り泥沼の日中戦争は何も解決しないし。

46: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:35:22.42 ID:ETBIcYKc0
>>32
当時の日本に尖閣での石油採掘技術があればなあ~…w
満州にも後になってから油田が発見されたそうだがw

…つくづくついていないな日本は。

53: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:38:11.89 ID:jDNXWb0r0
>>46
第一次大戦までは
ついてたんだぜ

41: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:33:57.70 ID:FWLN527J0
>>26
政府内に対米戦争の気運を醸成させたのは日中戦争であまり出番が無くて功名心に駆られていた海軍だけどな。

30: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:28:25.41 ID:S7BIrxU10
何をいまさら・・・

33: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:29:42.64 ID:vWs39Y6w0
てかなんでこんなバカなことをやるかな
直前に形だけ宣戦布告するというだけでどのみちバレバレってか現場は全く別だろ?
遅らせて敵側の士気向上に利用されるとかマヌケとしか言いようがない

36: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:31:29.89 ID:1PA5iXBq0
真珠湾攻撃は失敗であったというのが常識なのよね

42: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:33:58.27 ID:M7NLvStv0
3時間前の通告でもアメリカは卑怯者呼ばわりしたろう。アメリカは戦争したかったんだから。
アメリカは日本軍がハワイまで来ると思っていなかったから、3時間前でも相当な被害を出せたんじゃないかな。

51: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:37:33.57 ID:0HF8QFsPO
>>42
もし情報がばれて待ち伏せされたら、いきなり連合艦隊全滅・・・ってことも、今から見ればないってわかるけど、当時はその可能性は排除できなかっただろう。

52: 株闘家ハイパー 2016/12/26(月) 16:37:57.75 ID:H2srxkIb0
>>42

フライングタイガーの方が卑劣だと思うけどね

米軍を一時退役させて米軍が提供した戦闘機で日本の基地奇襲攻撃させて
米軍がやったんじゃありませんとか

44: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:34:35.22 ID:AiSaa9Fm0
どっちにしろハメられた
小利口な参謀どもには知恵がなかった

45: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:34:39.56 ID:0l+NbIhn0
仕組んだのに偶然だと言えばそうなるし
偶然なのに作戦だと言えばそうなる

47: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:36:51.95 ID:ETBIcYKc0
ベトナムはそんなアメリカにも中国にも戦争で勝っていた。実はすごい国?

123: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 17:16:33.45 ID:qPTMur4p0
>>47
すごい国だったらフランスの植民地になっていないしベトナム軍が強くなったのは残留した日本軍人がベトナム人に軍事教練した結果

125: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 17:18:55.84 ID:NhBi+Gjf0
>>123
いや、違うな
最終的にアフガン、ベトナムのように、滅ぼせない精神を持った民族は強いということだ

日本人もたぶん、あの頃はそういう死んでも護国のために戦うという者がいたということだ
今もいるよ 絶対にね

49: 名無しさん@1周年 2016/12/26(月) 16:37:23.67 ID:0l+NbIhn0
まあ次やる時は
勝てるかもしれない
じゃなくて
勝てる戦争をしましょうね





Sample