1: ジャンピングカラテキック(光) [US] 2021/05/19(水) 

ビットコイン (2)

米国、1月にユニクロシャツ輸入差し止め 新疆綿巡る懸念で
https://news.yahoo.co.jp/articles/7de50f15bff9bbd9b22f598a492b187c2c10e896

トランプ元大統領の功績でもある、人権侵害(強制労働)を理由とした新疆ウイグル産の輸入禁止。天誅がユニクロにも下されていたようだ。このような事実は公開された米税関の文書で明らかになった。

記事によるとユニクロ(ファーストリテイリング)は異議申し立てをしたが拒否されたことも判明した。

新疆ウイグル産トマトの使用停止を早期に決断した「カゴメ」とは大違いだ。


▽ネットの反応
・新彊綿が高品質であることは認めるが、現時点で国営服屋と揶揄されるユニクロに対する米国の対応は妥当だと思います。人権よりビジネスを優先する姿勢こそ非難されるべきなのかも。

・ウイグル人への弾圧を肯定する金の動きは止める必要があると思います。例えば、従業員に強制労働を強いていることが分かった会社に仕事を出している時点で、強制労働に加担してことになると思います。

・これはすばらしい判断ですね、国会でもこのユニクロ問題は取り上げるべきです。平和の祭典をする国の企業がこういう事をやって許されるのでしょうか。

・強制労働という話もあるし、一方ではちゃんと給料もでて、地元で働くよりよっぽどいい金もらってるって話もあるし、どちらが正しいか知りたいです

・これはユニクロブランドの驕りでしょう。消費者は人権問題も気にせず、安くていいものなら購入するってバカにされているんですよ。気にはしていたけど、こんな対応するのであれば、当分ユニクロでの購入は控えますわ。




Sample