• このエントリーをはてなブックマークに追加

中国

 


ED治療薬をネットで買おう!

【全人民が涙】中国外務省「我々は覇権争いに興味ない。我々の目標は全人民に良い生活を送ってもらうこと」

1: ブラックモンスター(茸) [ニダ] 2019/10/24(木) 22:32:32.60 ID:KzdSrfy40● BE:479913954-2BP(2931)
中国、米国に取って代わりたいと思ったことはない=外務次官

[北京 24日 ロイター] - 中国外務省の楽玉成次官は24日、米国に挑戦したい、もしくは米国に取って代わりたいと中国が思ったことはなく、覇権争いに興味はないと述べた。

同次官は学術フォーラムで講演し、中国が世界における米国の「覇権主義的な」地位を担うとの憶測があると指摘。中国外務省が公表した講演録によると、次官は「これは事実に合致していない」とし、「中国はこれまで、米国に挑戦したり、米国に取って代わったりしたいと思ったことはない。われわれの目標は中国人民に良い生活を送ってもらうことであり、われわれの統治を絶えず改善することだ」と述べた。
https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-diplomacy-idJPKBN1X3176
▽オススメ
韓国メディア、また天皇陛下を侮辱

【速報】中国政府、日本に宣戦布告「尖閣と南シナ海を一寸たりとも失うわけにはいかない」

1: ばーど ★ 2019/10/21(月) 18:53:50.84 ID:t/cGQm9P9
【北京=中川孝之】中国の魏鳳和ウェイフォンフォー国務委員兼国防相は21日、北京で講演し、沖縄県・尖閣諸島と南シナ海の島嶼とうしょ部について、「中国の固有の領土であり、祖先が残してくれた土地だ。一寸たりとも失うわけにはいかない」と述べた。領有権主張で日本などに譲歩しない姿勢を改めて強調した。

wor1906190028-p1
以下の記事全文はソースをご参照ください
https://www.yomiuri.co.jp/world/20191021-OYT1T50183/
▽オススメ
ファミマ社員「お前らが求めてる弁当ってこういう事だろ? これがファミマのセンスだ」

【数撃ちゃ当たる】圧倒的物量で世界征服を目指す中国、特許出願、8年連続首位 154万件!ついに世界全体の半分占める 

1: ばーど ★ 2019/10/16(水) 09:00:51.56 ID:jiVInR4M9
【チューリヒ=細川倫太郎】世界知的所有権機関(WIPO)は16日、2018年の中国の特許出願件数が前年比12%増の154万件に達したと発表した。世界全体の5割近くを占め、8年連続で首位となった。人工知能(AI)など最先端技術の知財分野では、中国を筆頭にアジアが世界をけん引する構図が鮮明になっている。

世界全体の特許出願件数は5%増の332万件と過去最多を更新した。国・地域別で2位は米国の59万件、3位に日本(31万件)、4位に韓国(20万件)と続いた。上位の順位は前年と変わっていないが、日米は前年比では減少した。

以下の記事全文はソースをご参照ください
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51020900W9A011C1000000/
▽オススメ
二子玉堤防の反対派団体は「我々は建設妨害していない」と必死に抗弁 木々を避けて建設するよう求めただけ

中国政府「ウイグル民族など居なかった」先祖代々が眠る墓地を強制破壊による取り壊しへ

1: ニライカナイφ ★ 2019/10/14(月) 19:58:51.83 ID:CAP_USER
中国北西部にある「新疆ウイグル自治区」では、ウイグル族を含む多くの少数民族が暮らしています。しかし彼らの先祖代々が眠る墓地が、中国政府によって理不尽に取り壊されているといいます。

フランス通信社(AFP)は、中国上空の衛星写真を調査した結果を公表。
「新疆ウイグル自治区」におけるウイグル族などのための墓地が、過去2年間で30件も取り壊され、子どもたちの遊び場や、駐車場へと姿を変えていることを明らかにしました。さらには取り壊しの際に剥き出しになった遺体の人骨や、倒壊した墓石などを、そのまま放置しているような写真も確認できたとのこと。中国当局は墓地の取り壊しについて「都市開発や古くなった墓の“統一”のため」と説明。

1d4712bf
http://yurukuyaru.com/archives/81217668.html 

【技術戦争】ファーウェイ創始者「5G技術を米国に譲渡し全世界で競争してもよい」

1: でパンダ(茸) [CN] 2019/10/06(日) 21:38:22.76 ID:HC5kw2ld0● BE:271912485-2BP(2000)
ファーウェイ創始者「5G技術を米国に譲渡し全世界で競争してもよい」
(略)
この少し前に、任氏は、5G技術を譲渡してもよいと語っていたが、今回は具体的な説明を加えた。任氏が譲渡可能とする相手先は、全ての西側企業ではない。一定の市場規模が得られるよう、西側企業の1社のみに絞る。その1社とは、おそらく米国の企業となる。なぜなら、欧州、韓国と日本はすでに独自の5G技術を持っており、改善と発展の過程で独自に調整していくことが予想されるためだ。

任氏によると、ファーウェイは米国企業に対して独占的使用権を譲渡すべきで、かつ相手先企業は米国市場以外に全世界でファーウェイと競争できるようにするという。
以下の記事全文はソースをご参照ください
https://www.afpbb.com/articles/-/3247392
▽オススメ
安倍首相、この問題は流石にお手上げの模様

逆アクセス(3日)
Sponsored Links
外部サイト
Amazon
Sponsored Links