• このエントリーをはてなブックマークに追加

米国


【韓国悲報】ハリス特命全権大使をいじめた結果か?韓半島周辺に2隻の米空母が同時展開、ハリスの経歴ヤバすぎw

1: 荒波φ ★ 2020/01/20(月) 10:23:30.84 ID:CAP_USER
米第3艦隊(東太平洋管轄)に所属する原子力空母「セオドア・ルーズベルト(CVN71)」が東海日本海や東シナ海など韓半島周辺海域を航行した。

同空母がこの海域を航行するのは2017-18年以来のこととなる。当時、米軍は韓半島周辺に2-3隻の空母を展開し北朝鮮に圧力を加えたが、セオドア・ルーズベルトはその際の主要空母となっていた。

DaOmLGEU8AAX0om
2020/01/20 09:40/朝鮮日報日本語版 ※元記事に誤字があったので修正
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/20/2020012080023.html
▽おすすめ
韓国人「日本と大韓民国の格差をご覧ください」

韓国大統領府「大統領府は非常に不適切だ、米国と協議が必要だな」米国政府「我々はハリス大使を信頼する」

1: 動物園φ ★ 2020/01/18(土) 15:24:15.25 ID:CAP_USER
米国国務省は18日、ハリー・ハリス駐韓米国大使が最近の南北協力事業について「米国と協議しなければならない」とブレーキをかけたことについて「信頼する」という立場を出した。前日、大統領府はハリス大使の発言について「非常に不適切だ」と遺憾を示した。

9c689963
https://news.naver.com/main/ranking/read
▽おすすめ
韓国のフッ化水素国産化は完全にうそだった! 日本からの輸入量が急増し韓国民パニック! 結局元の木阿弥かよ…

【日米60周年】米国政府「日本国民の安全を守るためにアメリカの納税者の負担が増えている」

1: みんと ★ 2020/01/18(土) 17:57:28.10 ID:dEABrKnU9
日米安全保障条約の改定から60年となるのを前に、アメリカ国務省の報道官がNHKのインタビューに応じ、日米同盟の意義を強調する一方で「日本国民の安全を守るためにアメリカの納税者の負担が増えている」と述べ、日本側にアメリカ軍の駐留経費をもっと負担するよう求めていく考えを示しました。

アメリカ国務省のオータガス報道官は、今の日米安全保障条約が署名されて19日で60年となるのを前に、17日、国務省でNHKの単独インタビューに応じました。

この中でオータガス報道官は、「アメリカと日本は人権の尊重や民主主義という価値観を共有しているが、中国共産党は必ずしもそうではない。価値観を守るためには日米関係の発展が必要であり、条約の意義は大きい」と強調しました。

一方で、オータガス報道官は、中国や北朝鮮などの問題はアメリカだけでは解決できないと指摘し、「アメリカは同盟国や友好国の平等な負担を必要としている。テクノロジーにかかる費用が増えた結果、アメリカの納税者は日本国民の安全を守るためにもっと負担しなければならなくなっている。日本との友情があるので負担の用意はあるが、公平に負担しなければならない」と述べ、トランプ政権として日本に対して、アメリカ軍の駐留経費の負担の増加を求めていく考えを示しました。

以下略全文はソースへ
NHKニュース 2020年1月18日 6時32分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200118/k10012250161000.html

▽おすすめ
ハリス駐韓米国大使「韓国、セカンダリーボイコットの対象」示唆=韓国の反応

【悲報】米国国務長官、国防両長官「韓国は扶養家族ではない」駐留米軍経費の負担増求めて連名寄稿

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/01/18(土) 09:59:16.58 ID:CAP_USER
【ワシントン時事】米国のポンペオ国務、エスパー国防両長官は17日付のウォール・ストリート・ジャーナルに連名で「韓国は同盟国で、扶養家族にあらず」と題した寄稿を行い、韓国に駐留米軍経費の負担増を求めた。

2020年以降の在韓米軍駐留経費の韓国側負担を決める協議が難航していることを受け、韓国側に譲歩を迫った形だ。

両長官は米韓同盟を「北東アジアの平和と繁栄における基軸」と評価する一方、「韓国は米軍駐留に関する直接的経費の3分の1以下を負担しているにすぎない」と批判。
韓国側負担を決める協定について「より多くの部分をカバーすべきだと考える」と述べた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020011800287&g=int
▽おすすめ
米国「韓国との特別措置協定は失効した。世界初の事例だ」

【速報】米陸軍高官「尖閣諸島に極超音速ミサイルを配備することが可能」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/01/15(水) 16:53:35.76 ID:CAP_USER
2020年1月14日、中国紙・環球時報は、「米中関係が悪化すれば、尖閣諸島に極超音速ミサイルを配備する」と米陸軍の高官が述べたと報じた。

環球時報によると、米陸軍のライアン・マッカーシー長官は10日、米シンクタンク、ブルッキングス研究所で行われたインタビューで、米陸軍が中国とロシアに備えるため、電子戦、サイバー攻撃、極超音速ミサイルなどによる作戦を行うことができる「マルチドメインタスクフォース」を太平洋地域に配備する計画に言及した。

以下略全文はソースへ
https://www.recordchina.co.jp/b773865-s0-c10-d0054.html
▽おすすめ
韓国人「日本の福岡って美人が多いというけど観光地としてはどうなの?」

Twitter&RSS
両首寝違えました。2020年も宜しくお願いします!フォローもおねがいします。
Sponsored Links
Amazon
最新記事
逆アクセス(3日)
Sponsored Links
外部サイト
Amazon
Sponsored Links