• このエントリーをはてなブックマークに追加

マスコミ


沖タイ「日本の防衛費増大、周辺国を刺激してないか?無防備こそ最大の防御というコスタリカを見習え」

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2020/01/20(月) 07:40:35.65 ID:m9rwdpAK0● BE:844481327-PLT(13345)
[大弦小弦]コスタリカの奇跡

「無防備こそ最大の防御だ」-。
インタビューに答える市民や大統領経験者らが目を輝かせ、誇らしげに自国の平和政策について語る姿にぐいぐい引き込まれた。映画「コスタリカの奇跡」が沖縄市のシアタードーナツでアンコール上映中だ

▼世界有数の紛争地域に位置しながら、1948年に軍隊を廃止。 翌49年に憲法に規定し、70年余り常備軍を持たずに平和を維持してきた中米の国の歩みを追ったドキュメンタリー

▼軍事費を医療や教育、環境に充て、国民の幸福度の最大化を図ってきた。 その結果、人々の幸福感や環境の豊かさを測る「地球幸福度指数」(2016年)で3回連続世界一になった

▼難局もあった。80年代には中米が冷戦の戦場となり、米国に再三、再軍備を迫られながらも拒否。当時の大統領が中立宣言し、切り抜けた

▼隣国ニカラグアから侵入された際は国際司法裁判所に訴え、解決させた。積極的な外交と国際法を頼りに敵をつくらない国家安全モデルを構築。その考えが広く国民に浸透する

▼戦力不保持を掲げる憲法を持つわが国の来年度の防衛費は5兆3133億円で6年連続で最大を更新。周辺国を刺激していないか。 国のトップが憲法改正を声高に叫び、平和憲法の理念を骨抜きにしようとする今こそ、理想を現実にしたコスタリカから多くを学びたい。(石川亮太)
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/523578
▽おすすめ
トランプが韓国に1兆円を請求していたことが明らかに! 出せなければ在韓米軍撤収! 過去の話とはいえやばすぎだろ…

【画像】某新聞社、水族館の「生きた化石(深海サメ)」にフラッシュ撮影?→その後、死亡したことが話題※因果関係はないぞ

1: ソマリ(ジパング) [US] 2020/01/19(日) 09:01:53.95 ID:znS4D6Of0● BE:842343564-2BP(2000)
「生きた化石」ラブカを捕獲 水族館で展示後に死ぬ
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17676752/
「生きた化石」ラブカを捕獲 水族館で展示後に死ぬ
生きた化石とも呼ばれる深海ザメ「ラブカ」が熊野灘で捕獲され、16日、串本海中公園水族館(和歌山県串本町有田)に引き取られた。

2020y01m19d_114052105
▽おすすめ
【日本列島】地震切迫度「Sランク」の活断層一覧がこちら…日本全国に存在する

【速報】麻生副総理「一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」マスコミ「アイヌが先住民はい論破、不適切発言ね」

1: どどん ★ 2020/01/13(月) 18:40:44.96 ID:rOIm6mg49
麻生太郎副総理兼財務相は13日、福岡県直方市で開いた国政報告会で、日本について「2千年の長きにわたって、一つの民族、一つの王朝が続いている国はここしかない」と述べた。

昨年4月に法律として初めてアイヌを「先住民族」と明記した「アイヌ民族支援法」が成立しており、麻生氏の発言は不適切との批判を浴びる可能性がある。
以下略全文はソースへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200113-00010002-nishinpc-soci
▽おすすめ
安倍首相「韓国は条約を守れ」「日本企業の資産現金化は明白な協定違反」

フジテレビの番組が、Wi-Fiの5Ghz帯を使っている状況を「日本導入予定の5Gが導入されている」と放送

1: アジアゴールデンキャット(東京都) [CA] 2020/01/10(金) 10:04:24.57 ID:piuvk8Gf0 BE:306759112-BRZ(11000)
WiFiの5Ghz帯を5Gと勘違いしてて草
no title

no title

no title
フジテレビの番組がWi-Fiの5Ghz帯を使っている状況を「日本導入予定の5Gが導入されている」と放送し見ていた人たちが盛大にツッコミ
https://togetter.com/li/1453585
▽おすすめ
ゴーン「日産クーデター起こした犯人は豊田」 #速度 | ゴーン「会社の金勝手に使ってたらクーデターされたわwww」

【ゴーン逃亡】報道「首相官邸などにメールも電話もしたのに反応がない、事件を風化させたいのだろう」※例年通りの正月休みです

1: ガーディス ★ 2020/01/03(金) 03:01:20.52 ID:Rm7mKcmS9
日産自動車の元会長カルロス・ゴーン被告の出国について、安倍晋三首相はこれまでコメントせず、都内のホテルで過ごしたり、ゴルフをしたりと例年通りの正月休みを過ごしている。大手メディア各社が首相動静として報じた。

安倍首相だけでなく他の閣僚も、昨年末世界に衝撃を走らせたゴーン被告のレバノン逃亡に沈黙している。首相官邸および外務省に電子メールもしくは電話で連絡したが、いずれの当局者もコメントを控えた。   

テンプル大学ジャパンキャンパスのアジア研究学科ディレクター、ジェフ・キングストン教授は「どのように展開しようと、面目の立たない状況だ」と指摘。「日本政府は何事もなかったかのように前に進むことで、悪いニュースが風化するのを待ちたいだろう。賢明なやり方としては、検察や警察、出入国の当局に対応させることが考えられる。失態を演じたのは彼らだからだ」と続けた。
以下略全文はソース
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-01-02/Q3HBSMDWX2PS01
▽おすすめ
国賓「何て言った?」韓国「シャンパンです(韓国産スパークリングワイン」国賓「帰りたい。」日本「晩餐会は饗応外交!(完璧なプロトコル」→

Twitter&RSS
Sponsored Links
Amazon
Sponsored Links
Amazon
逆アクセス(3日)
Sponsored Links
外部サイト
Amazon
Sponsored Links