• このエントリーをはてなブックマークに追加

ニュース

 


ED治療薬をネットで買おう!

【動画】メンツを大事にする中国、安倍総理が会談の場で足を組み発狂wwwwwwww

1: 名無しさん@涙目です。(公衆電話) [AU] 2018/04/17(火) 14:00:05.90 ID:lCngPcZ50 BE:479913954-2BP(1931)
(略)

ところが、そうした重要な会談中に安倍首相のとった行動が「無礼ではないか」と指摘されている。会談の最中、安倍首相は足を組んでおり、「外国から来た外相との会談という正式な場で足を組むのは不適切だ」との声があると記事は伝えている。

以下略、全文はソースへ
(翻訳・編集/岡田)
http://news.livedoor.com/article/detail/14590150/

no title



▽オススメ
海外「日本の統治は偉大だった」 日本統治下の満州の映像に海外から驚きと感動の声

中国初のステルス戦闘機J-20は米国F22を超えるってマジ?日本導入のF35は?

1: ばーど ★ 2018/04/15(日) 14:53:58.70 ID:CAP_USER
中国は最新鋭ステルス戦闘機J-20の配備を開始したと2018年2月に発表、同国はJ-20でアメリカとの軍事的なギャップを埋めることを狙っている。

2016年、珠海エアショーで初公開されたJ-20は、戦略国際問題研究所(CSIS)によると、空対空、空対地の両方のミッションをこなすマルチロール機。

J-20の性能についてはまだ不明点が多いが、アメリカのF-22ラプターやロシアのスホイ57としばしば比較される。

多くのアナリストが、現時点ではまだF-22に及ばないと分析しているが、Military Watch Magazineのチーフ・エディター、アブラハム・エイト(Abraham Ait)氏はDIPLOMATに「すぐにF-22を上回るかもしれない」と記した。

J-20_at_Airshow_China_2016-min_R
以下略、全文はソースへ
BUSINESS INSIDER JAPANApr. 12, 2018, 04:00 PM
https://www.businessinsider.jp/post-165210
▽オススメ
田中角栄とかいう総理大臣wwwwwww

中国・人民解放軍元幹部「台湾なんてアメリカ軍が来る前に100時間以内で武力統一できる」 ←これ

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/04/13(金) 10:56:31.12 ID:l4xraMtO0 BE:448218991-PLT(13145)
【台北=田中靖人】中国の人民解放軍の元幹部が、台湾の武力統一についてのシミュレーションの結果、米軍来援前の100時間以内に台湾を攻略できると主張し、注目されている。

元南京軍区副司令員の王洪光氏がネット上で発表した。

これに対し、台湾の陳宝余副参謀総長は12日、立法院(国会に相当)外交・国防委員会の質疑で「不可能だ」と否定した。

20150518_1023752
http://www.sankei.com/world/news/180413/wor1804130026-n1.html
▽オススメ
【ワロタw】黒川さん、官邸前デモが野党の動員とバラしてしまう→ぱよ激怒!ノイホイが脅迫wwwwwwwwwww

【貿易戦争】トランプ「中国に6兆の関税かけまーすw」 中国「そう、じゃあトランプ支持団体関係に関税と米国債売ろうっかな~」

1: 名無しさん@涙目です。(青森県) [ニダ] 2018/03/29(木) 09:50:05.35 ID:8dVH+LU/0● BE:373620608-2BP(2000)
「日本の二の舞にはならない」米国の高関税に中国がさらなる反撃か―中国メディア

2018年3月27日、海外網は、米中の貿易戦争に対する懸念が高まっているが、中国は日本の
二の舞にはならないとする記事を掲載した。 米国が中国からの輸入品のうち、最大600億ドル(約6兆3000億円)に相当する製品に関税を課すことを発表したことに対抗し、中国は米国からの輸入品のうち30億ドル(約3100億円)相当の製品に関税を課すことを発表した。

これには果物やドライフルーツ、ワイン、豚肉などが含まれている。英紙フィナンシャル・タイムズは「これは中国による報復関税だ」と伝えている。 記事は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルの報道を引用し、「中国が課した関税の対象品はトランプ大統領の支持団体と関係があるものばかりで、中間選挙で勝利を目指すトランプ大統領にとっては不利になる」と指摘。

中国メディアは、中国がこの先、五つの「反撃」を行う可能性があると分析した。 それは、「米国からの輸入製品すべてに高い関税をかけること」「米国企業の中国市場参入を制限すること」「米国のライバル国に優遇措置をとること」「中国人の訪米旅行を制限すること」「米国債を売却し他国の国債を購入すること」だという。

01-trump-bipartisan-meeting-story-top
以下略、全文はソースへ
http://www.recordchina.co.jp/b587307-s0-c10.html 

▽オススメ

山尾志桜里と不倫疑惑・倉持麟太郎弁護士の元嫁が驚きの行動に出る…(画像あり)

ホーキング博士が生前、中国に繰り返し警告していたこと ⇒ 「宇宙人と接触しないように」「応答するな!応答するな!」

1: ニライカナイφ ★ 2018/03/16(金) 23:33:35.96 ID:CAP_USER
◆ホーキング博士が生前、中国に繰り返し警告していたこととは?―米華字メディア

(略)

中国がこの望遠鏡を使って初めて宇宙信号らしきものを受信したと伝えられた時、同氏は『応答するな!応答するな!応答するな!』と警告を発した」と伝えた。

また「その後、中国の科学者が『太陽の分層構造を発見した。太陽を電波増幅装置として人類からの信号を宇宙に拡大送信できる』と発表したが、同氏はその際にも警告を発している。
しかし、中国はやはり振り向かなかった」としている。
以下略、全文はソースへ
Record china 2018年3月15日(木) 11時20分
http://www.recordchina.co.jp/b581931-s0-c10.html
▽オススメ
南海トラフ怖いやつwwwww

Twitter&RSS
Sponsored Links


Amazon
Sponsored Links
逆アクセスランキング